マスターズセッションは、映像ビジネスのキーパーソンを集めて、これからの映画を語り合い、気づきを共有するレクチャープログラムです。具体的には、東京国際映画祭にあわせて来日する審査員や、ヴェネチア・ビエンナーレの映画部門が実施している、新人映画監督育成のためのプログラム、ビエンナーレ・カレッジ・シネマの講師によるレクチャーを提供しています。また、東映剣会による、殺陣講座も人気の講座の一つです。こうしたレクチャーを受けることで、世界から京都に集まった若手クリエイターにとっても、次の創作につながる起点になるでしょう。
今年は、新型コロナウイルス拡散防止のため、海外在住者はオンラインプログラムの参加となります。ご了解ください。

m2017_0005_1