応募、審査を経て合格した20名の若手映画制作者が、東映京都撮影所、松竹撮影所のオープンセットを使い、3分程度の短編時代劇作品を製作します。時代劇セット、美術、照明、衣裳など本編映画とほぼ同じ施設・道具を使用し、京都伝統の本格的時代劇の制作を体験することができます。事前に参加者に対して作品シナリオを公募し、ラボ事務局で2作品を選出。参加者は東映チーム、松竹チームに分かれシナリオ開発からポストプロダクションまでを協力して行います。スーパーバイザーや東映京都撮影所・松竹撮影所のスタッフが制作をサポートします。後半は、マスターズセッションに合流し、映画人との交流も行います。今年は、コロナウイルス拡散防止のため、海外在住者は応募できません。ご注意ください。これに伴い、これまでは英語を公用語としていましたが、今回に限り日本語を公用語にします。

第12回京都フィルムメーカーズラボ結果報告

h2017_0000_6

h2017_0001_5

h2017_0002_4

h2017_0003_3

h2017_0004_2

h2017_0005_1